(1)原型作成 〜 ゴム型作成

左:原型、右:スプルー付き原型 当社製 アルミ枠, シリコンゴム, 湯口 エア式ゴム加硫器
1. 左:原型、右:スプルー付き原型
2. シリコンゴムを詰める
3. ゴム加硫器にアルミ枠をセット
ゴム切り風景 当社製 シリコンゴム, 湯口
4. ゴム切り風景
5. ゴム型の完成

1. 銀などの金属を用いて『 原型 』を作成し、スプルー( 湯道 )を付けます。

2. アルミ製の枠の中にシリコンゴムを詰め、その中に原型および、( ワックスのインジェクション口となる )円錐状の湯口を置きます。
さらに上からシリコンゴムを詰めます。

3. アルミ枠に詰めたシリコンゴムを、熱板でプレスし、硬化させます。( 加硫 )

( エア式ゴム加硫器 AV3 を使用 )

4. 加硫したゴム型をメス刃で切り、原型を取り出します。
この時、後で注入するワックスが取り出しやすいように、また上下のゴムがお互いずれないように切り離します。

5. 『 ゴム型 』の完成です。

(2)ワックスパターン作成 〜 ワックスツリー組立

デジタル真空ワックスインジェクションシステム 当社製 シリコンゴム デジタル真空ワックスインジェクションシステム
1. ワックスインジェクタに
ゴム型をセット
2. 原型と同じワックスパターン
3. ワックスパターンを取り出す
当社製 ゴムベース 当社製 ゴムベース
4. ワックスツリー組立風景
5. ワックスツリーの完成

1. ワックスインジェクタのクランプ部にゴム型をセットし、適温に溶解したワックスをインジェクションします。

( スマートWAXインジェクター ALTIMA を使用 )

2. ワックスの硬化を待ってから、ゴム型を開きます。原型と同じ形状の『 ワックスパターン 』の出来上がりです。

3. ゴム型から、丁寧にワックスパターンを取り出します。

4. 加熱したワックスペンで、同じ材質のセンタースプルー( 中心の棒 )にワックスパターンを取り付けていきます。

5. 『 ワックスツリー 』( 木のような形状になるため )の完成です。

(3)埋没 〜 鋳型焼成

当社製 ゴムベース, 穴あきフラスコ 攪拌機 真空脱泡機
1. ステンレス製のフラスコをかぶせる
2. 埋没材と水を攪拌
3. 埋没材をフラスコに注ぐ
真空脱泡機 回転式電気炉
4. 埋没材の中の気泡を抜く( 脱泡 )
5. 電気炉で鋳型を焼成

1. ワックスツリーにステンレス製のフラスコをかぶせます。

2. 埋没材と水を攪拌します。
( 攪拌機を使用 )

3. 埋没材をフラスコの中に注ぎます。

4. 真空脱泡機で埋没材の中の気泡を抜く工程( 脱泡 )を必要に応じて行います。

( 真空脱泡機 VIM を使用 )

5. 埋没材が固まったら、電気炉で埋没材の中のワックスを抜きます( 脱ロウ )。

その後、高温で焼きますと、( 焼成 )、『 鋳型 』の完成です。

( 回転式電気炉 RBF13 を使用 )

(4)鋳造 〜 洗浄

坩堝に地金を入れます 真空吸引加圧鋳造機 地金の溶解風景( 溶解観察窓より )
1.坩堝に地金を入れます
2. 鋳造機に鋳型をセット
3. 地金の溶解風景
( 溶解観察窓より )
ウォータージェット 酸処理後の鋳造ツリー( Ag925 )
4. ウォータージェットによる
埋没材除去風景
5. 酸処理後の鋳造ツリー(Ag925)

1. 比重計算した地金を鋳造機の坩堝に入れます。

2. 鋳造に適した温度に焼成した鋳型を電気炉から取り出し、鋳造機にセットします。

3. あらかじめ設定されたパラメータに従い鋳造します。

鋳型の細部までしっかりと地金を充填させるため、加圧や吸引( 真空吸引加圧鋳造機 K2NEXT )、または遠心力( 真空遠心鋳造機 VCC ) を加えることが重要です。

( 金・銀・ホワイトゴールド等は 真空吸引加圧鋳造機 K2NEXT を、プラチナ系は 真空遠心鋳造機 VCC を使用 )

4. 埋没材を割り、鋳型から鋳造物を取り出します。
( 鋳造後の鋳型を水に入れて急冷し、石膏を割る方法がよく用いられます。 )
埋没材を完全に除去するために、ウォータージェットで鋳造物の細部までよく洗浄します。
( ウォータージェットを使用 )

5. 洗浄後、酸処理等を行い、『 鋳造ツリー 』の完成です。

(5)そして完成へ・・・

湯道をカットしている風景 精密研磨システム バフ研磨風景
1. 湯道をカットしている風景
2. バレル研磨
3. バフ研磨風景
傷、巣、石の緩みなどを検査 商品の完成
4. 傷、巣、石の緩みなどを検査
5. 商品の完成

1. ジュエリーカッターで湯道をカットし、鋳造ツリーから製品を切り離します。

2. バレル研磨します。

( 精密研磨システム を使用 )

3. バフ等で研磨します。

4. 検品を行います。

5. 『 商品 』の完成です。
このような工程で、リング・ブローチ・イヤリング等のジュエリーや、眼鏡・時計・歯等が作られています。
( 最近では、ステンレス等の新素材で精密部品も作られています。 )