回転式電気炉 RBF

用途
ロストワックス鋳造専用に開発された、効率よく、鋳型の脱ロウ・焼成ができる回転式電気炉です。

 

特徴
  • 操作が簡単なタッチパネル
  • 焼成温度分布の均一化
  • アフターバーナ
  • 過昇温防止装置

(1)操作が簡単なタッチパネル

多種多様な地金、デザイン、埋没剤に応じた最大8ステップのパラメータ(レシピ)を20種類保存することが可能です。最短距離で鋳型を呼び出すシステムが搭載されています。

 

(2)焼成温度分布の均一化

炉ヒータと炉体の間の温度差が最小限に抑えられ、炉床板自体が回転することにより自然な空気の流れが生じ、炉内が均一な温度分布で加熱されます。

 

(3)アフターバーナー

RBFシリーズに標準搭載のアフターバーナーは、高い燃焼効率を実現し、排煙による公害や臭いを極力抑えます。

 

(4)過昇温防止装置

設定温度を超えると、電源が自動的に遮断されます。石留した宝石を万一の過熱から守り、安全性を高めます。

 

仕様

型式 RBF13 230V RBF37 380V
電源 230V, 50/60 Hz, 単相 380V, 50/60 Hz, 三相
消費電力 7.5KVA (二次焼成炉含む) 17.2KVA (二次焼成炉含む)
最高温度 最大950℃ 最大850℃
焼成ステップ 最大8ステップ 最大8ステップ
炉床板 直径330mm×2枚 直径552mm×2枚
鋳型収納数 13個(直径101mm)
15個(直径89mm)
19個(直径76mm)
37個(直径101mm)
45個(直径89mm)
鋳型寸法 最大高さ230mm 最大高さ230mm
装置外寸 915(W)×710(D)×2001(H)mm
(コントロールボックス/二次焼成炉含む)
1125(W)×1073(D)×2176(H)mm
(コントロールボックス/二次焼成炉含む)
装置重量 約210kg 約460kg

 

仕様または外観は、将来、予告なしに変更する事があります。